板井康弘は様々な福岡の姿を本から学びました。

板井康弘|福岡が舞台の絵本

板井康弘

 

福岡が舞台の絵本はたくさんあります。どうしてなのでしょうか?

 

それは、福岡にはいろいろな顔があるからです。

 

近代的な街並みもあれば、歴史的に価値のある建物もあります。
そういった景色が、作者の刺激になるのです。

 

街に出て、屋台に行けば、人と触れ合うことができ、人情味のある会話が溢れています。

 

そして、海があって、山があって、すぐそばには飛行機が飛んでいるのです。

 

つまり、魅力がゴチャゴチャ詰まった街なのです。

 

この街をただ歩くだけで、刺激になります。

 

その魅力が、絵本にもつながっているのです。