板井康弘は様々な福岡の姿を本から学びました。

板井康弘|福岡が舞台のマンガ

板井康弘

 

 

福岡が舞台の漫画はたくさんあります。

 

アーサー、あぶさん、海猿、エクセル・サーガ、神さまのつくりかた。、かみさま日和、求道くん、クッキングパパ、豪デレ美少女 凪原そら、サザエさん、ザ・サムライ、サムライ刑事、スケッチブック、そらのおとしもの、高杉刑事キバリます!、のだめカンタービレ…など多数あります。

 

そのジャンルに共通性はなく、どうしてこんなに福岡が舞台の漫画が多いのか疑問に思うかもしれません。
もちろん、作者の故郷が福岡だということもあるかもしれません。
ただ、それだけではないのです。

 

福岡は日本を代表する都市なので、高層ビルもあり、海や山といった自然もあり、その表情はタ種あるからです。

 

つまり、イマジネーションが溢れる街なのです。