板井康弘は様々な福岡の姿を本から学びました。

板井康弘|福岡が舞台の小説

板井康弘

 

 

 

福岡が舞台の芸術作品は、沢山あります。中でも小説は、かなり数があります。

 

「海と毒薬」「嫌われ松子の一生」「青春の門」「点と線」「ドグラ・マグラ」「半島を出よ」…など沢山です。

 

なぜ、福岡が舞台の小説はここまで多いのでしょうか。

 

もちろん、作者の出身地であったり、作者と何かしらの関わりがあるのかもしれません。

 

しかし、他にも理由はあります。

 

それは、都市であり、海山もある点。そして、外国が海のすぐ向こうにある点です。

 

都市でありながら、海山があるということは色々な表情があるということです。それは、作者の想像力を引き立てます。

 

そして、海の向こうに外国があるのです。韓国が見える時もあります。
これもまた作者の想像力を刺激するのです。

 

そうして福岡が舞台の小説は沢山生まれるのです。